「その他条例」を中心とした歴史的建造物利活用に係る研究会開催のお知らせ

みなさま、こんにちは。

秋より「その他条例」を中心とした歴史的建造物利活用に係る研究会が下記の通りスタート致します。

自治体職員向けとなりますが、ご興味ございます方は是非ご参加ください。

講師陣等の詳細はこちらをご覧下さい。

主催:湘南邸宅文化ネットワーク協議会(代表幹事:後藤治工学院大学建築学科教授)

共催:HARNET 歴史的建築物活用ネットワーク

近代住宅遺産継承実践委員会

後援:横浜市

●日時:第1回平成28 年9月17 日、第2回10 月29 日、第3回12 月10 日、第4回平成29 年1月28 日、第5回3月25 日、いずれも土曜日の13:30~16:00

●会場:横浜メデイアビジネスセンター(第1回、第5回)、横浜開港記念会館(第3回)、万国橋会議センター(第2回、第4回)

●参加:参加者は県内を中心に自治体の関係部課職員に限定。事前申し込み制(下記メールにて登録 ※氏名・所属・参加回をお知らせください)

定員40 名 参加費無料(但し資料代1000 円/各回 ※当日会場にてお支払いください)

●参加申し込み及び問い合わせ先(事務局):(株)山手総合計画研究所 菅孝能、戸田啓太Tel:045-341-0087 Fax:045-261-3022 E-Mail:yamate21@y-p-c.co,jp

「歴史的建築物活用ネットワーク第3回会議」開催のご案内

 

みなさま、こんにちは。

「歴史的建築物活用ネットワーク第3回会議」開催のご案内です。

国土交通省・消防庁の通知発出後、約2年を経、各地で「新しい運用の仕組み」づくりがみられています。今年の全国会議では、同通知発出以降、実際に「新しい運用の仕組み」づくりに着手し始めた自治体や民間等の事例を学び、課題を把握・共有しながら議論を重ね、全国にこの取組みを広げていくことを目的に開催致します。ぜひ奮ってご参加下さい。

ご案内(PDFファイル)はこちらとなります。

日時:2016年3月6日(日)13時半〜17時半(終了後18時より懇親会)

会場:早稲田奉仕園スコットホール

参加費:1,000円 当日受付にてお支払い下さい

主催:歴史的建築物活用ネットワーク(HARNET)

内容:

13時30分〜13時45分

【開会・趣旨説明】安藤邦廣・筑波大学名誉教授

【挨拶】内閣府地域活性化統合事務局次長 藤原豊 13時45分〜14時30分

【制度説明】歴史的建築物活用に関する制度説明と最新動向  国土交通省ご担当者様

【歴史的建築物活用に関するこの1年の動向】後藤治・工学院大学教授

14時30分〜17時30分

【事例報告】歴史的建築物活用の新しいルールづくり 最新動向(5地域各20分)

埼玉県川越市、富山県氷見市・射水市、兵庫県豊岡市、福岡市、大分県臼杵市

【ディスカッション】

・コーディネーター:西村幸夫・東京大学先端科学技術研究センター所長

・上記報告者、後藤治・工学院大学教授

【閉会】西村幸夫・東京大学先端科学技術研究センター所長

18時〜 【懇親会】(スコットホール隣接の別会場)会費2,000円

◆参加申込件名に「全国会議第3回申込」、文中にお名前、ご所属、懇親会参加有無を記載し、事務局info@h-ar.netまで

 

公開勉強会のご案内(福島県会津地域)

みなさん、こんにちは。2016年も何卒宜しくお願い申し上げます。年始のご案内は、福島県会津地域における公開勉強会となります。川越市における空き家・歴史的建築物活用のための新しい仕組みづくりに関する事例として、公益社団法人小江戸川越観光協会の加藤忠正事務局長をお招きし、会津地域の皆様と会津地域における空き家・歴史的建築物活用について学びます。公開勉強会となりますので、みなさま奮ってご参加下さい。

 

公開勉強会 会津地域における空き家・歴史的建築物活用のための新しい仕組みづくり勉強会

主催 一般社団法人IORI倶楽部

共催 歴史的建築物活用ネットワーク(HARNET)

後援 福島県、会津若松市、喜多方市

協力 福島県建築士会会津支部、福島県建築士事務所協会会津支部

 

日 時 2016年2月12日(金)13時30分〜17時

会 場 末廣酒造嘉永蔵

福島県会津若松市日新町12-38  0242-27-0002

 

プログラム

13:30

主旨説明

安藤邦廣 筑波大学名誉教授

歴史的建築物活用ネットワーク (HARNET) 共同代表

13:50〜14:20

報告「会津地域における空き家・歴史的建築物の現状」

金親丈史 一般社団法人IORI倶楽部 理事(事務局長)

14:20〜15:00

報告「川越市における歴史的建築物活用の新たな仕組み」

加藤忠正 公益社団法人小江戸川越観光協会 専務理事(事務局長)

15:00〜15:10 休憩

 

15:10〜17:00

ディスカッション「会津地域における空き家・歴史的建築物活用の可能性」

司 会 安藤邦廣

パネラー

公益社団法人小江戸川越観光協会 加藤忠正

会津若松観光ビューロー 理事長 渋川恵男

株式会社まちづくり会津 稲村久美

会津北方小田付郷町衆会 星宏一

喜多方発21世紀シアター実行委員会事務局 篠田直子

 

参加申し込みについて

参加費は無料 定員は50名とさせていただきます。

資料準備の関係上、2月9日(火)までに下記申し込み先へご連絡の上ご参加ください。

 

申し込み・お問い合わせ先

一般社団法人IORI倶楽部 事務局 (担当:金親)

TEL:080-1668-9643

E-mail:iorikurabu@gmail.com

 

歴史的大規模木造宿泊施設の法制度検討小委員会・公開委員会開催のお知らせ

みなさま、こんにちは。

来月2日(金)、歴史的大規模木造宿泊施設に関し、下記のとおり、法制度検討小委員会(日本建築学会の特別研究委員会(歴史的大規模木造宿泊施設の安全性能確保特別研究委員会)の下に設置)主催の公開委員会が開催されます。歴史的な価値を持つ大規模な木造の旅館、ホテル等の宿泊施設に関して、その価値を継承しながらその安全性能を向上させるために必要な法制度の検討成果に関して各委員より発表がなされます。奮ってご参加下さい。

 

日 時   2015年10月2日(金) 15:00~17:00

場 所   建築会館 301・302会議室

参加費   無料 (資料代500円程度のみいただく可能性有り)

 

主旨説明・司会   後藤 治

歴史的大規模木造宿泊施設の安全性能確保特別研究委員会について 新宮清志(日本大学)

建築関連法制度上の課題 – 既存不適格建築物の観点から 竹市尚弘(竹中工務店)

大規模木造宿泊施設の歴史的・文化的価値 内田青蔵(神奈川大学)

大規模木造宿泊施設の実態-静岡県伊東市の事例 塩見寛(静岡県ヘリテージセンター)

建築基準法の適用除外と所有者等・地方自治体の法的責任 尾谷恒治(弁護士)

地方公共団体の取り組みと現状-兵庫県豊岡市の事例 沢田伸(ひょうごヘリテージ機構)

質疑応答・まとめ

歴史的建築物活用ネットワーク通信2015年秋号の発刊のお知らせ

みなさま

この度、歴史的建築物活用ネットワークの通信2015年秋号(PDF版)を発刊致しました。

ダウンロードはHARNET NO2よりお願い致します。

[通信2015年秋号(PDF版)]

特集 氷見・射水の挑戦

コラム 西村幸夫、日置雅晴

その他、HARNETの取組等。

『都市計画 Vol.64』特集『都市のリジェネレーション-地域文化資源の発見・保存・再生をつなぐ』へ寄稿致しました

みなさま、こんにちは。

「歴史的建築物の保全・活用に向けた新しい制度ルールづくりー国家戦略特区への提案からの動向」と題し、下記の雑誌に寄稿させていただきました。

『都市計画 Vol.64』

特集『都市のリジェネレーション -地域文化資源の発見・保存・再生をつなぐ』

2015年04月刊、日本都市計画学会

「歴史的建築物の保全・活用に向けた新しい制度ルールづくりー国家戦略特区への提案からの動向」 データはこちらをクリック

 

「歴史的建築物活用ネットワーク」第2回会議 -歴史的建築物活用のルールづくりとエリアマネジメント-開催のご案内

※プログラム第1部のコーディネーターが変更となりました。0225

みなさま、こんにちは。

以下、「歴史的建築物活用ネットワーク」第2回会議 -歴史的建築物活用のルールづくりとエリアマネジメント-開催のご案内です。各地で、歴史的建築物活用のルールづくりや、空き家・歴史的建築物などの活用を通じたエリアマネジメントの取組の報告、ディスカッションがございます。みなさま、是非ご参加下さい。

「歴史的建築物活用ネットワーク」第2回会議
-歴史的建築物活用のルールづくりとエリアマネジメント-

PDFデータはこちらをクリック

◆日時・場所◆
2015年2月26日(木)15:00~20:00
場所:求道会館(文京区本郷6丁目20番5号) 南北線「東大前」徒歩5分
参加費:1,000円(定員120名)*当日、受付にて支払い
◆内容◆
第1部 [行政・まちづくり会社向け]15:00~16:30
〈空き家・歴史的建築物などの活用を通じたエリアマネジメント〉
【事例報告】
・コトラボ合同会社(横浜市・愛媛県松山市) 岡部友彦
・株式会社 地域交流センター企画(富山県射水市) 明石博之
・八女町家ねっと(福岡県八女市)、歴史的建築物活用ネットワーク 中島宏典
【パネルディスカッション】
・コーディネーター 安藤邦廣・筑波大学名誉教授
・パネリスト:事例報告 3名
第2部[行政向け]17:00~19:45
〈歴史的建築物活用分野の自治体からの成果報告〉
【はじめに】内閣府地域活性化統合事務局次長 藤原豊
【事業説明】「歴史的建築物活用に関する新運用スキームの内容と現状」(仮)後藤治・工学院大学教授
【制度紹介】国土交通省住宅局建築指導課

【事例報告】京都市、横浜市、福岡市、豊岡市(兵庫県)、氷見市・射水市(富山県)(15分×5団体)
【パネルディスカッション】
・コーディネーター 福川裕一・千葉大学教授、NPO全国町並み保存連盟理事長
・パネリスト:事例報告 5団体
【コメント】国土交通省ご担当者様、文化庁ご担当者様(調整中)
【おわりに】西村幸夫・東京大学先端科学技術センター長              (敬称略)

◇懇親会 20:00~

フォーレスト本郷(会場より徒歩2分) 会費5,000円(定員80名)

 

◇参加申込について
ご氏名、ご所属、連絡先、参加の部(1部、2部、両方)、懇親会の参加可否をご記入の上、
歴史的建築物活用ネットワーク事務局 <info@h-ar.net> までお申し込みください。
なお、懇親会に参加の方は、2月19日(木)までにお申し込みください。

 

◇主催:歴史的建築物活用ネットワーク(HARNET)(事務局 株式会社まちづクリエイティブ)

尚、本事業はトヨタ財団 2014年度国内助成プログラム地域間連携助成を受けております。

 

ROOT『丹波篠山 古民家を”めぐる”見聞帖』出版記念会のお知らせ

みなさま、こんにちは。

この度、兵庫県篠山市を中心としたフィールドで活動されているROOTさんの『丹波篠山 古民家を”めぐる”見聞帖』の発刊を記念して、ROOTのお二方と、東京で古民家を活かした家づくりを行っている建築家の和久さんをお招きし、出版記念会と併せて、トークショーを開催致します。歴史的建築物活用の最新動向の報告もございます。

みなさま、奮ってご参加下さい。

谷垣友里ROOT×片平深雪ROOT×和久倫也WAKUWORKS聴き手:寺井元一まちづクリエイティブ

 

日時:2014年11月26日(水)19時〜21時

場所:市田邸(国登録有形文化財建造物)

主催:歴史的建築物活用ネットワーク(HARNET)

(事務局:まちづクリエイティブ内)

参加費:2,000円(軽食+ドリンク付)

申込先:info@h-ar.netまで

詳細資料はこちらをクリック

『東京文化資源区』構想 公開ラウンドテーブルにて

みなさん、こんにちは。歴史的建築物活用ネットワーク事務局です。

10月22日(水)にワテラスコモンホールにて開催されました『東京文化資源区』構想 公開ラウンドテーブルにて事務局より本取組の紹介をさせていただきました。上野、谷根千、本郷、神保町、秋葉原といった東京でも歴史的建築物のまだ多く残る界隈において、その保存・活用の経路が開かれていくことが望まれています。

今後、東京においても、歴史的建築物活用の新たな運用のルールづくりを進めてまいりたいと存じます。みなさま、何卒宜しくお願いいたします。

 

 

 

福岡県八女市にて、歴史的建築物についての学習会が開催されます。

みなさん、こんにちは。歴史的建築物活用ネットワーク事務局です。

福岡県八女市にて、歴史的建築物についての学習会が開催されます。
国家戦略特区指定の福岡市では条例の検討がはじまる見込みで、それにあわせて福岡県や隣接県との連携によって、歴史的建築物の活用のためのルールづくりがスタートできればと思っています。

まずは、皆様と問題意識を共有できる場を設定しましたので、どうぞお気軽にご参加ください。

【第1回】「そもそも歴史的建築物とは何? いま、どういうことが全国で起きているのか?」
講師:赤松 悟 氏(都市環境研究所 九州事務所 所長)
日時:2014年10月4日(土)18時30分~20時30分
場所:おりなす八女 研修棟第3研修室

【第2回】「全国の事例紹介を踏まえて、自分のいえ・まちのことについて考えてみよう」
講師:後藤 治 氏(工学院大学教授・歴史的建築物活用ネットワーク共同代表)
日時:2014年10月13日(月・祝)17時~19時
場所:西古松町公民館(八女市稲富111)

http://yame-machiya.net/?p=866&preview=true